読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LiB-log

(株)LiBの代表ブログ。採用情報はコチラ→https://www.libinc.co.jp/project-casting/

【社員インタビュー】自分の人生を、自分の意志で前に進む

f:id:yosuke_lib:20161108172029p:plain

LiBでは、定期的にメンバーひとりひとりにフォーカスした
インタビューを掲載しており、

(手前味噌な社長バカながら)
どのインタビューも、本当に素敵な内容ばかりなので
僕のBlogでも紹介させて頂こうと思います。

過去のインタビューはここに丸っと収めてあります。

www.wantedly.com

ーーーーーーーーーーーー

1人目のピックアップは
LiBのリクルーティングパートナー(企業の採用支援チーム)として
活躍してくれている小川 美穂 (Miho Ogawa)のインタビューです。

www.wantedly.com


派遣スタッフとしてリクルートで
アシスタント業務に勤しんでいた彼女がLiBを受験してくれたのは、
ちょうど1年前ぐらい、2015年も終わりに近づく頃だったと記憶してます。


「周りの人を笑顔にできるアシスタントという仕事にもやりがいを感じている」

「でも自分の可能性に蓋をしたくない。もっと成長できる環境に身を置いて挑戦してみたい」

「営業に挑戦してみたい。アシスタントとしてではなく、自分が直接クライアントに価値貢献することに挑戦してみたい」


そんな想いを真っ直ぐぶつけて来てくれた彼女を見て
「こうやって’自分の人生を自分の意志で叶える為に、
一歩でも前に進もうとしている人’をひとりでも増やしたくて、
この事業・このテーマを選んだんだよな、俺は」

と、自分の創業の初心を思い出させてもらった事を鮮明に憶えています。

僕は「意思のある人生」という言葉がとても好きです。

だれだっていつか死ぬわけで、
たった1度の人生を自分が主役で生きています。

人生は願い通りに行かないコトの方が多いけど、
それでも「こうありたい」と言う意思を持って、
そして一歩ずつでも前に進んで行く人生は、僕は美しいと思います。


それが叶うかどうかは、本人の努力にも寄るし、運の部分も大きいと思います。

でも叶うかどうかという「結果」以上に、
叶う為に前に進んでいる日々自体こそが大切なのではないだろうか?

結果が平等になる世界は難しいかもしれないけど、
挑戦する「機会」だけでも、性差や年齢に関係なく平等にある世界の方が、
もっと活き活きした人が増えるんじゃないだろうか?

そんなLiB創業の想いを、まさに地で行く彼女と
一緒に同じ船に乗って挑戦できる日々は、やっぱり楽しいし誇らしいです。

※LiBに少しでも興味がある方は
ぜひこちらから覗いてみてください。

プロジェクトキャスティング | 株式会社LiB[リブ]

僕や社員と、軽くお茶やランチも大歓迎です!^^