読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LiB-log

(株)LiBの代表ブログ。採用情報はコチラ→https://www.libinc.co.jp/project-casting/

リファーラル採用とOBネットワークの活用

f:id:yosuke_lib:20160130175539p:plain

いま採用シーンにおいて
リファーラルリクルーティングの重要度が増しています。


「リファーラルリクルーティング」とは、
社内外の信頼できる人脈を介した、紹介・推薦による採用活動のことです。

「リファーラルリクルーティング」とは? - 『日本の人事部』

ーーーーーーーーーー

類は友を呼ぶと言うか
僕が新卒で入ったリクルートでも
「リクルート社員のまわりには、リクルートっぽい人が集まる」
と明言し、社内紹介を積極推奨していました。

この感覚は、
自分が会社を創業し仲間集めに奔走してみて
本当に腹落ちします。

LiBらしい人材は
LiB社員の周りにこそ多いと感じますし、

LiB社員が
「一緒に働きたい」と思う人は
大体の場合、社長の僕も働きたい人であることが多いです。

よってLiBでも社員紹介は
かなり説教的に取り組み、功を奏しているのですが、

僕の前職のトレンダーズでは、

社員から新しい人を紹介してもらう、という
従来のリファーラルルートに加えて、
卒業生のネットワークを活用する、という
もう1歩踏み込んだリファーラルルートの活用を始めています。

www.trenders.co.jp

f:id:yosuke_lib:20160130181043p:plain

恐れ多くも、卒業生ネットワークの代表として
コメントをさせて頂いておりますが、
こうして卒業した古巣と良い関係を築き、
繋がれている事は本当に嬉しい限りです。


最近では、こうしたOB/OGネットワークを活用した
ブーメラン採用(出戻り採用)
取り組み始める企業も増えてきています。
(先日、サイバーエージェント社の発表も話題になっていましたね)

従来の企業文化では、
他社に転職した者は「辞めたら他人」という扱いが多かったかと思いますが

新しい概念として、
「卒業生」として仲間の一員であることを認め、
相互に協力しあう風潮へと変化がおきつつあると思います。

出戻り社員は、
一度は他社の環境を経験したことで
「隣の芝生は青く見える(実はそれほど青くない)」ことを自覚するため、
復職後の離職率は低いという特長があることや

転職先で新しいスキルなどを習得しているケースも多いので、
結果として、辞めづらく、立ち上がりも早く、活躍しやすいとの事。


こうした、多種多様な採用方法が増える事で、
多くの方が、自分らしい働き方で挑戦する機会が増える事は
個人にとっても、企業にとっても、とても良い事だと思います。

僕もひとりの卒業生として、
古巣のリクルート、そして卒業生代表を務めるトレンダーズに
貢献して参りたいと思います。