読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LiB-log

(株)LiBの代表ブログ。採用情報はコチラ→https://www.libinc.co.jp/project-casting/

【続編】創業オーラの正体と、魔法の副作用

yosuke-lib.hatenablog.com


これの続きを書きます!

ーーーーーーーー


前回は、創業タイミングにおける
ボーナスタイム(魔法)について書きました。

では、このボーナスタイム(魔法)はいつまで続くのでしょうか?


sudoken.hatenablog.com

僕のリクルート新卒同期のスドケン(KAIZENプラットフォーム社長)も
Blogでこのように書いていました。

f:id:yosuke_lib:20160118163820p:plain

人によっては
創業から2年間が魔法だ、とも言います。
いや3年だ、と言う人もいます。

確かに、
創業の魔法は感覚値2〜3年なんですが、

・なぜ2〜3年で魔法が解けてしまうのか?
・その根本原因は何なのか?

先に、自分の仮説の結論を書きます。

僕は、魔法が解ける本質的な原因は
「2〜3年という期間そのもの」ではなく
「組織規模問題」にあると考えています。

ーーーーーーーーー

この仮説を、自分なりに説明します。

起業したコトがある人ならイメージしやすいかと思いますが、
創業してからしばらくは、

その業務のほとんどは、
いわゆる「オフェンス(攻め)」にだけ使えば良い期間がしばらく続きます。

・仲間を集める為の採用活動
・お金を集める為の調達活動
・プロダクト創り、サービス創り
・PRや広報活動

業務におけるほとんどが
事業を前に進める為の【オフェンス型業務】です。

まだ組織として人数も少なく、
実力のある創業メンバーたち+少数のメンバーぐらいしか居ないタイミングでは

細かいコトなんか気にしなくても問題は起きないし、
細かいコトを気にしているぐらいなら
お互いが背中を預けて、
自己判断でぐいぐいと事業を前に進めるようが効率的です。
(そして、そうゆう働き方の方が楽しいです)

要するに、
創業してからしばらくは
ノーガードでフルスイングでも許される
オフェンスタイム
なんです。

ーーーーーーーー

でも、ある程度の規模の組織を
経営した事がある方なら分かるかと思いますが、
オフェンスだけが経営ではありません。

むしろ、
組織規模が大きくなると
ディフェンスをする時間の方が長く、

好き放題オフェンスができるなんて環境は
希だと思います。

きちんとディフェンスをする事によって
確保したオフェンスタイムを使って
効率よく攻めるのが経営だと思う
のです。

ーーーーーーーーー

ここまで書けばなんとなく伝わるかと思いますが、

要するに、創業からしばらくの
組織規模が30名以下ぐらいまでは、
(社長のタイプやビジネスモデルによっては50名以下)

その組織サイズが故に
ほとんどディフェンスの必要が無く
一心不乱にオフェンスだけに専念できるボーナスタイムがあるのです。

これが僕は創業の魔法の正体だと思っています。


一方、この魔法が解ける瞬間というのは
時期問題ではなく、組織問題に躓いた瞬間です。


組織の人数が増え、
オフェンスだけではなく、
ディフェンスも必要なフェースに突入したにも関わらず

その変化に気がつかず(もしくはおろそかにして)、
オフェンスだけに目を取られ、

その結果として、
組織にひずみが生まれ(モチベーションの低下や離職者の増加)、
足下をすくわれ、結果としてスピードを失う。

これが魔法が解ける瞬間だと思っています。


このタイミングが
30〜50人のいつ訪れるのか?は
ビジネスモデルや、社長の器/タイプなどによって異なるし、

その規模の組織に成長するまでに
2年かかるか、3年かかるかも、会社によって異なります。

ただ、成長しているベンチャーの場合
大体のケースで2〜3年ぐらいで
その規模に突入するケースが多いので

2〜3年で魔法が解ける、と表現されているのだと思います。

ーーーーーーーー

ここからは、
LiBもまさにこれに当てはまるので
自戒を込めて書きます。

ボーナスタイムに
魔法の力を使えば使うほど、
それが解けた時の副作用は強烈だと思っています。

まさに、
スキーやスノボーで
スピードを出せば出すほど、
コケた時は派手にコケるような感じで。

ボーナスタイムをフル活用し、
ノーガードでフルスイングのオフェンスをすればするほど
事業はグングンと、はやい速度で成長します。

そして、ぐいぐいと事業が成長している
拡大の実感」は、想像以上に心地が良く、

自尊心も満たすし、
他の細かいコトも「まぁ成長してるからいいか」と
忘れさせてくれるぐらいの力があります。

この状態こそが落とし穴だと思っていて、
結果、他の細かいコト(=ディフェンス)が疎かになります


そして「拡大の魅力」によって
エンパワーメントされてきた組織は

その成長速度を失った瞬間に、
驚くほど、組織が崩れます。

今まで、全てを癒し、全ての免罪符となっていた
「成長速度」に不信が生まれた瞬間、その反作用は強烈です。


それに惹かれて入ってきたメンバーは離脱し、
それがモチベーションだったり自尊心のよりどころだったメンバーは
会社の未来に不安を憶え、モチベーションが低下し、
最悪の場合は、会社とその未来をdisり始めます。

ーーーーーーーーー

まとめると、

・創業の魔法の正体は、オフェンスだけに集中できるボーナスタイム
・魔法が解ける瞬間は、組織問題に躓いたとき
・30〜50人規模からは、オフェンスのみならずディフェンスも大事

というのが、僕の仮説です。

要するに、
まさに30〜50人の状態こそ、急がば回れなのだ。

攻撃こそ最大の防御、とは良く言うが、
このタイミングだけは逆だと思っていて

防御こそ最大の攻撃、だと言うのが僕の信条です。

ディフェンスこそ、スピードアップの鍵なのだ。

そう信じて、
今年は丁寧にディフェンスにも取り組んでいく所存です。

では、この辺で!