読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LiB-log

(株)LiBの代表ブログ。採用情報はコチラ→https://www.libinc.co.jp/project-casting/

言いづらい事でも、本音で向き合う関係

f:id:yosuke_lib:20151030163142p:plain

LiBでは毎月1度
「緊急ではないが重要なこと」
について全社員で語り合う

【LiBzCAMP(リブズキャンプ)】
と言う機会を設けています。


以前は有志参加で実施していましたが、
毎回、とても大切なコトを深く語り合う
会社にとって欠かせない場となっているために、

10月からは正式に
「会社の業務」として実施する形へ変更し、
全員が通常業務をストップして、
この場を設定しています。


毎日、めまぐるしく状況が変化し、
対応しなければならない仕事が
止めどなく続くベンチャーでは

強い意思を持って、
このような時間を確保しないと

毎日が「緊急性の高いもの」ばかり
に追われる形となり、


結果として、
組織や事業において
根本的な原因となっている課題に対し

じっくりと向き合う事なく、
課題を放置してしまう恐れがあるからです。


ーーーーーーーー

そんなLiBzCAMPの10月のテーマは
「ぶつかり合いコミュニケーション」でした。

LiBが掲げる社内規範である
LiBzPRIDE(プライド)の1つに
以下のような言葉があります。


f:id:yosuke_lib:20151030163127p:plain

賞賛とぶつかり合い、両方を惜しまない。

時に耳に痛い言葉であっても指摘しあえる関係性は、
互いに尊敬し信頼しているから成り立つもの。
信じている仲間からの賞賛は、何にも変えられない切り拓く力となる。


このような言葉は掲げているものの、
優しく、性格も穏やかな人種が多いLiBでは

仲間への賞賛や盛り上げは
名人級なのですが、

どうしても
「ぶつかり合い」の部分に
苦手意識を持つ人が多く、


結果として、

・本来、厳しく指摘すべき所で指摘し合えていない
・空気を読み過ぎた結果、自分の異論を発言できず消化不良
・自分の意見を主張せず、周りに同意してしまう

といった言わば
仲良しサークル的な症状が目立つようになっていました。


こういった状態を組織として放置すると、
組織内のコミュニケーションにおいて
徐々に、違和感や消化不良が蓄積し、

結果として、
自分の意見を陰でばかり主張する
陰口コミュニケーションや

表と裏では言動が変わる
裏表コミュニケーションの温床となります。


そして、その影響力は恐ろしく
数日前までポジティブだった雰囲気すら
数日でネガティブに変える
破壊的インパクトを持っていると思っています。

こういった目に見えづらい問題は
徐々に蓄積し →温床と化し →予兆が出始め →問題として顕在化します。

なので、問題として顕在化する前の
早めのタイミングで手を打つ必要がある
経営課題だと思っています。


今回のLiBでは
予兆と顕在化の間ぐらいで手を打ったので

経営判断としては、
後手に回ったな、、、と反省しています。

本来なら、あと5ヶ月早く実施すべきでした。
それだけで、事業の進捗がだいぶ違ったはず。

ーーーーーーーーー

さて、このような問題を抱える組織は多いかと思うので
少しでも参考になればと、一部内容を共有します。


f:id:yosuke_lib:20151030164924p:plain

タイトルは
「コミュニケーションぶつかり稽古!」
と名付けて実施しました笑


お互いが真剣に向き合い
お互いの約束を大事に守ったり
お互いの成長にコミットし合う関係は
そんなに生易しい物じゃありません。

まさに、本気で晴れ舞台を目指す
オリンピック選手達のように

時には共に喜び、
時には厳しく指摘し合い、

まさに嬉し泣きと悔し泣きの連続のような、
そんな熱い関係を創らなければなりません。

でも、それぐらいしないと
スポーツ選手も勝てないし、
ベンチャーも成功できないと思うんです。

逆に言えば、
嬉し泣きしたり、悔し泣きしたりするぐらい
熱い気持ちで仕事と仲間に向き合って、

その結果、ひとりひとりが成長して
組織が飛躍し、ビジョンが実現されて行くという
やりがいを感じたくて、みんなLiBに集まっているんだと思います。


f:id:yosuke_lib:20151030165835p:plain


なので、まずは
「悔し泣き、嬉し泣きができる仕事をしよう」
メンバー達に問いかけました。

ーーーーーーーー

f:id:yosuke_lib:20151030170002p:plain

その上で、最初に僕がLiB社員に求める
コミュニケーションの大原則を示しました。

それが

「表 × 360度」

です。


f:id:yosuke_lib:20151030170118p:plain


まず大原則として
アンダーグラウンドコミュニケーションはカッコ悪いよ、と。

もっと言えば、その行為は
LiBでは禁止事項であるとはっきり名言しました。


f:id:yosuke_lib:20151030170252p:plain

そして、仕事の話は仕事の場で決着つけよう。
ルールとして場外乱闘は無しだよ、と。

これがについて。


ーーーーーーーー

そしてもう1つが360度。

f:id:yosuke_lib:20151030171214p:plain

特定の誰かに対してだけ向き合うのではなく、
自分が関わる360度すべての人との関係性を意識し、
お互いに関係を磨き合おう、と話しました。

ーーーーーーーー

f:id:yosuke_lib:20151030164458p:plain


その上で、大前提として
「具体的なぶつかり合いシーンとは?」という事で

・指摘
・異論
・意見

この3つのシーンを取り上げ、
それら全てが上手に言える言えないは、
性格やキャラの問題ではなく
技術の問題である
と言い切りました。


全部書くと長くなるので
要点だけスライド載せます。

f:id:yosuke_lib:20151030171847p:plain

ポイントは、
人物に対して言うのではなく言動に対して言う事。


f:id:yosuke_lib:20151030171953p:plain

自分が感じた違和感や異論を
胸に閉まって述べない行為は
議論にコミットせずに議論放棄している行為である、と。


f:id:yosuke_lib:20151030172057p:plain

当たり前だが、伝えなくては伝わらない。
そして意見を述べる為に、君は今ここにいる、と。


ざっくり要点だけですけど
まぁ、なんとなくでも
スライドからニュアンス汲み取って頂ければ。

ーーーーーーー

さらに、これらのコミュニケーションを
円滑するためのコアスキルとして

受け身の技術

発信の技術

という話をしました。

f:id:yosuke_lib:20151030172329p:plain


自分としては
ココが一番のポイントだったのですが、

言いづらいコミュニケーションにおいて
実は一番大切なコトは

発信のスキルよりも、
受け手側のスキルだと思っています。

受け身の技術について
僕が伝えたいくつかのメッセージから
抜粋してスライド載せます。


f:id:yosuke_lib:20151030172610p:plain

指摘されても必要以上にヘコまずに
素直に改善できる受け取り上手は、

指摘してもらえる成長機会が多く
その分、成長が早いです。

逆だと、
結局めんど臭くなって
言ってもらえなくなるので
最後は自分が損します。

しかも、それはずっと続くので
年齢が上に行けばいくほど、強烈に損します。


f:id:yosuke_lib:20151030172852p:plain

確かに、指摘されたら
その瞬間はカチンと来る事もあるかと思いますが、

大前提は
「相手は良かれと思って言ってくれている」
という事を忘れちゃダメです。

これだけ思い出せれば
受け取り方も、活かし方も大きく変わります。


f:id:yosuke_lib:20151030173040p:plain

最後にコレ。
すっごく大事です。

「人格で受け止めるのではなく
言動に対して受け止める」

相手は君を否定していません。
君の言動に対して、物申しているのです。
これが受け身の基本かと。

そして、極端に言えば、
指摘を素直に受け取れないのは
全て、受け手が下手ぐらいに思って良いかと。

もちろん、
指摘する側の言い方にも
色々とあるかと思いますが

相手は
言いづらい事にも関わらず
良かれと伝えてくれているので

その相手に
上手な言い方まで求めるのは甘えかと。

それよりも、
相手が言わんとしている事を
汲み取って聞くぐらいの意識が大事かと思います。

ーーーーーーーーーーー

端折りながら、ざっとの共有でしたが
大枠、こんなテーマで会話しました。

個人的には、
とても良い回だったなーと感じています。

あの日以降、
全てがガラリと変わったとは思いませんが
(そんな簡単じゃない)

でも少なくとも
参加したメンバーの意識が変わったのは感じるし、

少しずつ、
言動も変わってきていると思います。


本音で付き合う関係を
お互いに磨き続けて

一緒に嬉し泣きと悔し泣きができる
宝物のような仲間になれれば、と願っています。

それでは
10月もお疲れさまでした。

11月がんばろーー!
今年もあと残り2ヶ月!!!