LiB-log

(株)LiBの代表ブログ。採用情報はコチラ→https://www.libinc.co.jp/project-casting/

【エントリー大募集】今年もやります!Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2017開催!

f:id:yosuke_lib:20170919183933p:plain


昨年2016年末に記念すべき第1回として開催し、
1000社の応募、小池都知事の登壇、キー局全てのカメラが取材・・など
大きな反響を頂いた「Forbes JAPAN WOMEN AWARD」を
今年も2017年verとして開催いたします!

〈去年の様子はこちら〉
https://forbesjapan.com/womenaward/winner/
f:id:yosuke_lib:20170919184446j:plain
f:id:yosuke_lib:20170919184458j:plain


Forbes JAPAN WOMEN AWARDとは

世界的な経済誌であるForbes JAPANと
女性向けのライフキャリア支援事業を展開するLiBが

“働きやすさ”ではなく“真の女性活躍”を目指す
というコンセプトで企画した

最も輝く女性、最も女性が活躍する会社を表出する
日本最大規模の女性アワードです。

いま、女性が最も輝ける企業はどこなのか。
最も輝いているキャリア女性は誰なのか。

国内外の数々のリーダーを取り上げるForbesのグローバルな視点に加え
国内企業1000社の人事担当者、
人事担当役員および働く個人1000人にアンケートを実施。

アンケートおよび一般投票で選ばれた企業と個人の中から、
評議員の審査を経て受賞企業・受賞者を決定します。

ーーーーーーーーーー

この賞に受賞すると、
ForbesJAPANの雑誌紙面はもちろん、
WEBでも大きく掲載されますし、

昨年だとTVからの取材も多く入ったので
会社、個人にとってもダイバシティをPRする大きなチャンスとなっています。

2017年のエントリーも受付開始しましたので
ぜひ積極的なエントリーをお待ちしています(9/29締切)


<企業向け>エントリー申し込み(アンケート)はこちら!
Forbes JAPAN WOMEN AWARDエントリー企業様向け 女性活躍PR特典 | JAPAN WOMEN AWARD


<個人向け>エントリー申し込み(アンケート)はこちら!
Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2017~働く個人に向けたアンケート~


<Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2017について>
forbesjapan.com

「スタートアップに挑戦する」という事について

LiBでも久しぶりに中途採用を再開し
日々多くの方と接点を頂く機会が増えてきました。

一方で、そもそも本業として
転職をお手伝いしている立場でもあるので
日頃から多くの「転職希望者」の方と
お会いする機会に恵まれます。

その中で、
「スタートアップで挑戦したい」
「何かを産み出すことに関わってみたい」

そんな声を、
特に若手のレイヤーから相談を受ける事が多いです。

スタートアップやベンチャーと言うと
なんとなく

・スピードが速い
・無駄なしがらみなどが無い
年功序列など関係なくて実力主義
・うまくいったら大きな報酬や役職が手に入る

みたいなイメージだけを持って
「窮屈な今の環境」から飛び出したい・・・みたいな
印象を持っている方が多いようです。


確かに、そのような
ポジティブな側面もあるのですが

その側面だけだと、本当の意味での
「スタートアップに挑戦する」という事について
あまりにも理解のバランスに欠けていると思うので
僕なりの言葉で注釈したいと思います。

ぜひLiBに挑戦したい方、
もしくは、LiBのようなスタートアップやベンチャー
挑戦を検討している方は

こんな側面もあるんだ、、、と言うよりも
「毎日のシーンで感じる体感/心象はこっちの方が事実に近い」
という目線でお読み頂けると嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーー

ベンチャーやスタートアップは
ゼロから何かを生み出し、
創り上げる活動であり挑戦です。

要するに、
そのプロセスのほとんどが
「未完成の状態」であり、
「不満足」と「不安」との闘いです。

この状態から
価値ある物へと昇華させて行くからこそ
このプロセスに価値があるんだと思います。

ただ完成品を届けるだけの仕事は、
その次のステージです。

そのステージには挑戦者は必要ありません。
必要なのはオペレーターです。

スタートアップに挑戦することは
そういうプロセスで戦うという事です。

だからこそ難しいし、
だからこそ価値がある。

そして、、、だからこそ
名誉と賞賛が手に入る訳です。

ーーーーーーーーーーー

言い換えると、
ゼロから「価値」を生み出す、
というプロセスにおいて
未完成の不満や不安、悲観と闘いながら

それでも、
それ以上に未来を信じて、
あの手この手で、その未来を実現させる闘いです。

要するに、
日々不安との闘いだし、
襲いかかる悲観との闘いでもあります。

でも、その不安を
知恵と工夫と努力で突破し、
活路を見出し、切り開く。

知恵がひらめいた瞬間!
工夫が実を結んだ瞬間!!
局面が突破できた瞬間!!!

そして、活路が開けて
トンネルの先に明るい出口が見えて来た瞬間!

何とも言えない高揚感と達成感が
それまでの苦労や不安を吹き飛ばしてくれます。

スタートアップ、ベンチャーと言うのは
そんな日々の連続です。

ーーーーーーーーーーー

組織や商品について

・状態が悪いとき
・自信が無いとき
・未来が怪しくて不安なとき

に2つの行動をとる人に分かれます。

1つ目の行動は
それを野党的な客観視で批判したり悲観して、
「傍観者(だんまり)」を決め込む、
もしくはその場を去る人。

もう1つは

感じる不安や悲観に対して
それを感じ無いと言ったら噓になるけど

それでも、、、、

それ以上の意思と責任感により
その状態を「自分の手でより良い物にしよう」と
行動する人、前に進む為に動く人。

前者は、
ずばりスタートアップやベンチャーには
向かないタイプだと思います。
(もっと相性の良い、違うフェーズがあると思います)

いざという、
一番チームや組織が力を貸して欲しい時に
後ろを向いたら居ない、、
要するに、船の底に空いた穴を見つけたら
船から降りてしまうタイプの人です。

一方で、後者のタイプは
その穴を真っ先に自分の手で塞ぎにくるタイプの人です。

これ以上、水が浸水しないよう
そしてこの穴を何かで埋めるべく、
まずは自分の手を突っ込んででも穴を塞ぎ、

そして、二度と同じ場所に穴が空かないように
より強固な素材で補強する人。

後者こそが
ベンチャーやスタートアップに
仲間として加わるべきタイプの人だと思います。

そして、
自らの手で「未完成」の組織やサービスを
「真に讃えられる物」へと昇華させた時に、
その名誉と賞賛、報酬を受け取る資格のある人です。

ぜひ、LiBやその他のベンチャーの扉を叩いて頂く人には
「楽しそうな側面」ばかりだけではなく、

日々リアルに感じるハードな側面も知ってもらった上で、
「そんな環境の方がワクワクするし、好き!」
という方に、挑戦して欲しいと願っています。

「一流企業に入社するより、一流企業を創る方が楽しい」
そんなキャッチコピーを見た事がありますが、

まさに、そんなタイプの人こそ
積極的にベンチャーで挑戦して欲しいと思います。

LiBへの応募も大募集していますし、
その他の有望ベンチャーへの挑戦についても
弊社がご縁をお繋ぎしますので、相談頂ければと思います。

docs.google.com

LiBグループ初のTOPセッションを開催します! 〜 創業者松本が語る「IPOプロジェクトメンバー」について〜

f:id:yosuke_lib:20170221085120p:plain

先日投稿した
【IPOプロジェクトメンバー募集】のブログが
とても大きな反響を頂きました!

(前回のブログはこちら)
yosuke-lib.hatenablog.com


シェアしてくださった皆さん、
ありがとうございました!

そして、僕に直接メッセージをくださった
挑戦者の皆さん、お会いできる事を
心より楽しみにしています。

そして、今回発表した
IPOプロジェクトメンバー募集について

その全容や詳細を
僕の言葉で直接プレゼンさせて頂く
LiBグループ初の試みである
TOPセッションというイベントを
3月〜4月にかけて合計4回ほど開催します。

①3月2日(木曜) 19:30スタート ※22:00終了予定
②3月5日(日曜) 16:00スタート ※18:30終了予定
③3月15日(水曜) 19:30スタート ※22:00終了予定
④4月2日(日曜) 16:00スタート ※18:30終了予定

既に第1回は埋まりつつあるので
興味のある方は、以下のグーグルフォームから
お申し込みくださいませ。
(人数に限りがあるので抽選となっております)
docs.google.com


同時にWantedlyでも、イベント告知がスタートしましたので
こちらも、どうぞよろしくお願いします!
www.wantedly.com


素敵な仲間に会えるのが
今から楽しみです!

一緒に挑戦を楽しんで人生を加速させましょう!

僕が実践した夢を叶えるステップ(LiB IPOプロジェクトメンバー募集開始)

今年4月で創業から3年を迎えるLiBは
この3年間で急速に組織・事業を拡大してきました。

そしてこの度、正式に
「東証への新規上場」を実現するための
LiB IPOプロジェクトを始動させる事を決議しました。

そして、そのコアメンバーとして活躍してもらう
「IPOプロジェクトメンバー」を若干名、
外部から募る事も合わせて決定しました。

今回のブログは、
その募集が第一の目的ではありますが、

なによりも僕自身が
前職トレンダーズがIPOを目指すという
プロジェクトに参加し、

それを実現する事で、
大きく人生を飛躍させた人間なので

その立場から、
本音で今回の想いを伝えたいと思います。

自分が今の立場に至るまでの
キャリアの考え方、本音を隠さず書いているので
とても長文です。

興味ある方だけお読み頂けると嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーー

今でこそLiBの創業者として
社長をしている僕ですが

僕のキャリアには、
多くのベンチャー創業社長たちとは少し異なる
ちょっと珍しい特徴があります。

それは

・一般社員/営業(リクルート)
・リーダー/マネージャー(リクルート)
・役員(トレンダーズ)
・上場経営者(トレンダーズ)
・起業家/社長(LiB いまここ)

と、全ての立場を1つ1つ重ねてきた上で
やっと自分の夢に向かって挑戦したという
ステップアップ型のキャリアなんです。

ソフトバンク孫さんや
ライブドア堀江さんのような
学生から一気に起業→大成功という天才パターンでもなく、

サイバーエージェント藤田さんや
グリー田中さんのような
一般社員から、いきなり起業→社長へみたいな
ジャンプアップ型でもない。

ましてや、自分でサービスを作れちゃうような
天才エンジニアでもない。

普通に文系の大学を卒業し、
新卒として一般社員として入社し、
いち営業マンとして飛込み営業をしていたのが
キャリアのスタートです。

そんな普通のいち営業マンだった僕が
いまLiBを創業し、社長をしています。

でもここまでのキャリアは
実は、偶然でも何でもなく、

「社会人1年目、23歳」の時に
仲間達と話し合って決めた
ある「夢の叶え方(人生プラン)」に沿って
忠実に歩んで来た結果です。

なので、まぐれでも偶然でもなく、
自分としては「計画通り」にココまできました。

ーーーーーーーーーーーーー

僕が23歳、社会人1年目のころは
「いつか何者かになりたい」と漠然と考える
どこにでもいるサラリーマンでした。

でもなぜか

「俺なら何かできるはずだ!」
という根拠の無い自信と

「何か大きな事をやってみたい!」
という身分不相応な志(野心?)だけは
人一倍溢れていて、

まだ若くエネルギーを持て余していた僕は
僕と同じように、自信と野心に溢れた
社外の友人たちと

何者でも無い自分が、どうやって何者かになるのか?
「夢への挑戦の道筋」をどうやって見つけるのか?

みたいな熱い議論を、
夜な夜な繰り返していました。

その議論の中で考え決めたプランがありました。

それが「夢を叶えるホップ・ステップ・ジャンプ」という
夢を叶える道筋を、3フェーズに分ける考え方です。

ーーーーーーーーーーーー

第一フェーズであるホップのキーワードは
「有能の証明」と「挑戦権の獲得」です。

要するに、まだ何者でも無い自分には
そもそもチャンスすら回ってきません。

1年目の若造に、
ある日突然「数億円の出資・・」
なんてチャンスがくるはずがありません。

それは、才能や実力が
有る無しの話ではないんです。

要するに
チャンスを引き寄せるだけの
「信頼」が無いだけなんです。

なので、チャンスを呼び込む為には
自分が「チャンスをもらうに相応しい能力がある奴なんだ」と
何がしかの実績で証明しなくてはなりません。

僕に至っては
明治大学卒業の23歳の若手社会人では
似たような人が五万と居て、
白羽の矢がたつ事も無い。

なので、まずは自分には
「分かりやすい有能のラベル」が必要だった。

それが、僕にとっては
日本で最も営業力が強いと言われる
リクルートでの全国No1営業という実績でした。

世の中には
リクルートのTOP営業マンを名乗る人は沢山いるので、
これだけで何かが証明される訳ではないけど、

少なくとも当時1000人近くいた事業部で
TOPを獲得する事ができれば、
有能の香りぐらいはまとえるのでないか、と。

だからこそ、脇目も振らずに
目の前の営業、目の前の仕事に没頭して、
まずは自分が取り組んでいる今の仕事でNO1になろう。

そう思って、毎日渋谷の街で
街中の飲食店に、1軒1軒飛び込み営業をしていました。

まだ営業時間前の暗い居酒屋に
飛び込むのは勇気が必要だったし、

将来起業して大きな挑戦がしたい、
と考える自分の夢と

目の前のうすぐらい居酒屋に
フリーペーパーを持って飛び込む現実には
すごくギャップがあって、

「本当にコレであってるのかな?」と
不安になる事もたくさんあったけど、

子供の頃に読んだ野球選手のインタビューに

「自宅での素振りを欠かした事がない。
一人で黙々と行う素振りはすごく地味な作業だけど、
その素振りだけが、自分のバッティングを支えてくれる

「このバッティングだけが自分を野球場で輝かせてくれる」

「この素振りこそが、夢へ舞台に続く道なんだ」

と語っている記事を読んで、
すごく感銘を受けた事があり、

まさに、プロ野球選手を目指す人にとっての素振りが
僕に取っての居酒屋への飛込みだと信じて頑張りました。

そして、リクルートに入社して半年も過ぎた頃、
僕は大きな業績を実現し、
連続で全国のTOP営業に選ばれていました。

1年目の新人が
全国でも目を見張る業績を実現し、
MVPに何度も名を連ねたことで

当時の事業部内では
「とにかく売れる奴」として
自分の名を知ってもらう事ができました。

ーーーーーーーーーーー

そしてこの経験は
僕に大きな2つ変化をもたらしました。

1つ目は
「他人からの紹介」が変わった事

前は大学名や会社名ぐらいの紹介しか
されなかった自分が、

「こいつリクルートのトップ営業ですごいんだよ」
「とにかく優秀で、面白い奴だよ」

自分の周りの人が、
僕を紹介してくれる言葉が変わりました。

そうすると、自然と僕の周りには
同じように結果を出している
優秀な人たちが集まってくるようになりました。

一気に面白い人たちと出会い、
景色が変わった瞬間でした。

そして2つ目は、
根拠に支えられた自信を得たこと。

根拠なき自信しかなかった自分が
根拠のある自信を得られた事により
その後に出逢った出来る奴らとも、
自然と同じ目線で付き合う事が出来ました。

気がつけば、
周りは魅力的な人たちばかりに囲まれるようになり
とても刺激的な社会人生活になっていました。

ーーーーーーーーーー

そうして
ホップで結果を出した事で
「ちょっとは使える奴」となった僕に、

入社4年目の06年12月、
1つのチャンスが訪れました。

あるご縁で
「同じリクルート出身の女性起業社長がいる」
「良かったら会ってみないか?」
と勧めてもらい出会ったのが
当時トレンダーズの社長をしていた
創業者の経沢香保子さんでした。

その経沢さんに
自分の経歴(ホップの実績)を伝えたところ、

「一緒にトレンダーズをやらないか?」

「営業部を立ち上げて一緒に上場実現してくれないか?」

「そうすれば君がいつか起業する時に
実績も、資産も、経験を得てから
起業できるので良いのではないか?」

そう誘ってもらいました。

まさに、ホップによる実績が連れて来てくれた
チャンスが訪れたのです。

ーーーーーーーーーーー

第1フェーズであるホップで結果を出して、
こいつはできるぞという何かしらのフラグを立てる。

そうすると周りの評価が変わり、
チャンスが寄ってくる。

そのチャンスこそが次のステージである
「ステップ」です。

第2フェーズであるステップで大切なことは
「チャンスを結果で打ち返す」という事と、

そのプロセスを通じて
無形資産(再現性のある実力、実績、信用、仲間)という
「勝負(ジャンプ)の武器」を手に入れること。

要するに、
いつか自分が「自己実現(ジャンプ)」に向けて
本当の勝負するときの武器を集めることです。

ーーーーーーーーーーーー

僕の場合のステップは
トレンダーズIPOプロジェクトへの参加でした。

ここで営業部をつくり、
東証マザーズへの上場を実現する。

そのプロセスを通じて

・「トレンダーズ上場の実現メンバー」という実績と信頼
・修羅場を乗り越えて身につける実力、経験、知識
・多くの苦楽を共にした、信頼し合える仲間

という無形財産を得る。

それがトレンダーズ挑戦の動機でした。

トレンダーズにいた7年間は
語りだすと止まらないぐらい
多くの苦悩葛藤と、喜びがありましたが

結果として、
僕はトレンダーズ上場を実現しました。

その結果、自分が当初想定していた以上の
実績・信頼・経験値・仲間を得る事となり、

僕は、その全てを賭けて最後のフェーズに向かいます。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後のフェーズは「ジャンプ」。
ジャンプとは言い換えれば「夢への挑戦」です。

ホップステップで得てきた無形資産を全て賭けて
自分が描きたい人生へ挑戦すること
です。

僕は今、自分の全てを賭けて
2014年に創業したLiBという会社を経営しています。

LiBを創業してまだ3年足らずですが、

・役員、社員も即戦力の優秀メンバーばかり
・創業2ヶ月で7000万、1年後には2.7億円を調達
・創業2年半でメンバーは70名超、オフィスはビル1棟

と、目を見張るスピードで
会社と事業が拡大してきたのは

実は、僕の実力が・・という訳ではなく、
僕が積み上げてきた無形資産が引き寄せた物である
というのが事実に近いと思います。

トレンダーズ上場の実績が
多くの資金を引き寄せました。

その経験で繋がった多くの仲間たちが
僕の起業を応援し、加わってくれました。

そして、起業してからの3年間も
事あるごとに、その時の経験値に救われてきました。

全て僕が積み上げて来た無形資産です。

ーーーーーーーーーーーーー

こうして忠実に
ホップ・ステップ・ジャンプを経て来た自分にとって

その中でも自分の人生を一番変えたのは
間違い無くトレンダーズ上場を実現させたとき・・
要するに「ステップ」のフェーズです。

「トレンダーズ上場を実現させた立役者」
この、自分で多くを語らずとも
周りが認めてくれる分かりやすい実績と、

そこで培った経験が
自分の人生を大きく前に進めてくれました。

また無形資産に加えて
IPOプロジェクトの場合は
ストックオプションというインセンティブもあるため、

成功した暁には
ある程度まとまった有形資産(お金)も入り、
これも、自分の夢を後押ししてくれました。

ーーーーー

ここでLiBの話に戻ります。

LiBは、まさに今がチャンスの瞬間です。

新オフィスLiBz HOUSE(リブズハウス)も稼働スタートし、
いよいよ本格的な「第一次拡大期」に突入します。

ソーシャルゲームにて加速拡大したDeNA、GREE、
スマホアプリと言う市場を切り開いたメルカリなど

企業において急激な成長期・拡大期に身を置いて
事業の成長を実体験できるという経験は、

まさに
「限られたタイミングに身を置いた人」
だけが経験する事ができる貴重なキャリアです。

LiBグループは、
これからの3年間を
まさに「第一次拡大期」と位置づけ、
圧倒的な成長を掲げ実現して行きます。

そして、
そのフェーズにおいて
中心となって活躍してもらうメンバーとして

今回の
「LiB IPOメンバー募集プロジェクト」
をスタートします。

企業におけるIPOというのは
そう巡り会えるチャンスでは有りません。

既にIPO済みのDeNAやGREEでは
もちろん経験できませんし、

未上場の企業においても
本当の意味でIPOを狙い、実現できるところは
ごく僅かです。

僕は、LiBはその点において
とても希有な環境であると、
自信を持って言い切れます。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

LiBが今回求めているのは
ホップ層(勉強中のポテンシャル層)では無いです。

ホップという実績をクリアし、
ステップという「チャンス」を求めている人。

最低3〜5年は
息を止めて走れるタフな挑戦者
を探しています。

具体的には

・自分の実力をより高いステージで試したい
・自分の人生を加速させたい
・キャリアを早送りしたい
・社会性が高く、難易度も高いテーマに本気で挑戦してみたい
・分かりやすい実績を手にしたい
・上場を経験してみたい
・ストックオプションである程度まとまった資産を得たい

という人です。

ステップという「チャンス」に挑戦し結果を出す事で
ジャンプという「自己実現」を叶えたい人
です。

ーーーーーーーーー

このブログの内容に、
少しでも心が動いた人がいれば
以下の僕のFacebookまで直接メッセージもらうか、

https://www.facebook.com/yosuke0821

もしくは、僕のメールアドレス
yosuke_m@libinc.co.jp
まで、直接ご連絡ください。

まずは軽く話しを聞いて見たい、
まずはお茶でも、
ちょっとオフィス覗いてみたい、
ぐらいからでも大歓迎なので、
まずは気軽に連絡頂ければと。

一緒に3-5年、息を止めて突っ走って
人生を一気に加速させませんか?

#追記!
今回のIPOプロジェクトの詳細を聞きたい方向けに
以下の説明会を設定しました。

興味ある方はぜひ、気軽にこちらかも!

【限定20名】《TOPセッション》LiB創業者松本が語る創業者松本が語る「IPOプロジェクトメンバー」について
docs.google.com

働きがいのある会社とは?

f:id:yosuke_lib:20170214094616p:plain

この度「Great Place To Work」
が発表しているランキングで
2017年において第5位に選出頂きました!
(従業員25-99名の部門)

hatarakigai.info


社員からのアンケート結果がもとに、
こういったランキングに選出して頂けた事は
素直に嬉しく思っています。

一方で
「働きがい」という定義は
非常に曖昧だと思っていて、
ある人にとっては働きがいのある環境でも、
それはある人にとっては働きづらい環境である訳で。

大事なことは

「僕たちはどんな場所であり、
 どんな人にとっては合うけど、
 どんな人にとっては合いません」

という軸を強く持つ事なのかなと。

そう言う意味では
LiBは創業から3年が経過しようとしており、
今まさに会社・組織・事業のフェーズが
次のステージに向けて【進化・脱皮】するタイミング。

僕自身も強い意志を持って
明確にこのタイミングで
今までの流れとは別れを告げ、

LiBをより強く、より挑戦溢れる場にすべく
ギアを変えています。

このような
組織が変化するタイミングには、
必ず一定の新陳代謝が起きます。

今までは居心地良かったけど、
次のステージに求められるミッションだと
フィットしない、というケースもあるでしょうし、

逆に、次のフェーズだからこそ
「今こそ仲間に加わりたい」という人もいるでしょう。

要するに、
新しい出会いと別れが同時に訪れるタイミングです。

ーーーーーーーーーーーー

弊社の株主でもある
リンクアンドモチベーションさんでは
「社員は最大の投資家である」と提唱しています。

要するに、
実際の投資家は「お金」を投資するが、
社員は「時間」という最も大切な資産を
会社に投資している、という考え方です。

それは言い換えると、
中途転職がアタリマエになった現在において
会社と社員は、親と子のような「相互拘束関係」ではなく、

会社と投資家のような
「相互選択関係」になった、という定義だと思います。

その場合、会社は
社員という投資家から選ばれるために、
魅力を提供する努力を
し続けなければなりませんし、

一方で、社員も会社から選ばれるために、
能力を提供する努力をし続ければなりません。

僕は、リンクさんのこの考え方が、
「会社も社員も、自らを磨き続けられる良いシステム」という意味で、とても好きなのですが、

一方で、創業社長として
多くの仲間を巻き込み、
共に人生を叶えようと願っている立場からすると

会社と社員が、
会社と投資家のような相互選択の緊張感は保ちつつも、

一方で、人生には色んな出来ごとやアクシデントもあるので

自分が好調な時には
困った仲間に手を差し伸べ、

自分が苦境に立たされた時には
仲間の肩を借りて

そうやって、気がついたら

家族のような深く結ばれた絆が生まれ
共に高め支え合い、人生を叶えて行く、

と言うのが理想なんだと思います。

ーーーーーーーーーーーー

今回、ランキング5位という結果を頂き、
非常に嬉しかった反面、

・自らの意思でLiBという船を選んでくれている仲間(社員)たち
・これからLiBに加わってくれる新しい仲間達

そんなみんなからの信頼に応え、
その決断を共に正解するべく、船を導いていく為にも

より一層、
「LiBにとっての働きがいとは何なのか?」
「LiBという船はどんな人の為の船で、どうあるべきなのか?」
という永遠のテーマに向き合い続け、

そして、諦めることなく試行錯誤を続け
1日1日一歩ずつでも、LiBが仲間達にとって
本当の意味で「働きがいのある会社」に近づけるよう

社長として尽力したいと
とても背筋が伸びる受賞でした。

ーーーーーーーーーーーー

改めてですが、
LiBという船を自らの意思で選択し、
日々がんばってくれている仲間達に感謝します。

社会からの期待に応えられるよう
一緒に事業も会社も磨いて参りましょう。


#PS
最後にスペシャルサンクスとして

どんな状況でも
そして会社に起きる全ての事を
圧倒的な主体性で自分事化し、

共に悩み、知恵を絞り、
いつも明るく前向きに支えてくれる
LiBのボードメンバーには
感謝してもしきれません。

僕より遥かに優秀な実力を持つ面々が
僕の至らない部分を補い、
力強く背中を預かってくれています。

先日、信頼するパートナーの方から

「貴社幹部の絆の強さは、
他社には真似できないレベルです」

とメールを頂いた時には
嬉しくて胸が熱くなりました。

「尊敬し信頼できる仲間と
背中を預け合って経営すること」

は、僕が起業で叶えたかった事の1つなので
今そのような状態で仕事ができている日々は
幸せ以外の何物でもないと思います。

【フォトログ】LiBz HOUSE移転パーティー(リブ詣)の御礼

f:id:yosuke_lib:20170127150107j:plain

LiBz HOUSEに移転してから、
もう2週間が終わろうとしています。

まだたったの2週間なのに、
すっかり居心地の良いオフィスとなり
もうずっと前からここにいるような感覚で
まさに「LiBメンバーの家」のような雰囲気です。

ここを僕たちの秘密基地(アジト)として
社会に挑戦を仕掛けて行くのが今から楽しみです。

f:id:yosuke_lib:20170127150852j:plain

さて、そんなLiBの新居のお披露目に、と
1/25にオフィス移転パーティーを開催いたしました。

ぎりぎりお正月なので
初詣ならぬ「LiB詣」という事で
僕も社員一同も、お世話になっている皆様に

僕たちの新居と、LiBの空気に触れて頂きたく、
少しでも楽しくもてなせればと、
一生懸命に準備を進めてきた企画です。

最初はキャパを考えて200名限定としていたのですが
予想を超える応募を頂いたので、
「せっかくなら一目だけでも見て欲しい、感じて欲しい」と

若干、無謀ではありましたが人数上限無しとして
開催した結果、なんと400名近い方にご来場頂く形となりました。

f:id:yosuke_lib:20170127151042j:plain

会場が想像以上に混雑してしまったので
ご迷惑をおかけする形になってしまったのですが(ごめんなさい)

それでも、お祝いの場だからと、
寛大に盛り上げてくださった皆様方に心から感謝です。

「LiB詣」という企画にちなみ
オフィス内の会場も和正月をイメージした内装で統一し、

僕自身も和装に着替え、
役員一同で、僕の故郷石川のお酒「加賀鳶」の鏡割りで
皆様をおもてなしする内容となりました。

以下、当日のフォトログをお届けしますので
少しでも当日の雰囲気を感じて頂けると嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーー


◆和の正月をイメージした料理でおもてなし
f:id:yosuke_lib:20170127151310j:plain
f:id:yosuke_lib:20170127151343j:plain
f:id:yosuke_lib:20170127151424j:plain
f:id:yosuke_lib:20170127163141j:plain
(このケーキ、社員(五十川めぐみ)の手作りです!)


◆人生初のテープカット
f:id:yosuke_lib:20170127151520j:plain
f:id:yosuke_lib:20170127151539j:plain
f:id:yosuke_lib:20170127151551j:plain


◆故郷石川のお酒(加賀鳶)で鏡割り
f:id:yosuke_lib:20170127151709j:plain
f:id:yosuke_lib:20170127151730j:plain
f:id:yosuke_lib:20170127151759j:plain
f:id:yosuke_lib:20170127151821j:plain
f:id:yosuke_lib:20170127151832j:plain


◆フロア会場(B1F / 4F)の雰囲気。大混雑・・・><
f:id:yosuke_lib:20170127152145j:plain
f:id:yosuke_lib:20170127152205j:plain
f:id:yosuke_lib:20170127152155j:plain


◆松本よりLiBの歴史と未来についてプレゼン
f:id:yosuke_lib:20170127152320j:plain
f:id:yosuke_lib:20170127152331j:plain
f:id:yosuke_lib:20170127152354j:plain
f:id:yosuke_lib:20170127152407j:plain


◆新築祝いの餅投げ(ロゴ入りマシュマロ)
f:id:yosuke_lib:20170127152553j:plain
f:id:yosuke_lib:20170127152626j:plain
f:id:yosuke_lib:20170127152757j:plain


◆キッズ&スタッフ
f:id:yosuke_lib:20170127152812j:plain
f:id:yosuke_lib:20170127152824j:plain
f:id:yosuke_lib:20170127151841j:plain


◆吹き抜けから集合写真。ご来場ありがとうございました!
f:id:yosuke_lib:20170127152916j:plain

【御礼】LiBzHOUSEへの贈り物について

f:id:yosuke_lib:20170123132052j:plain
新オフィス「LiBzHOUSE(リブズハウス)」に移転してから
早くも1週間がたちました。

移転担当スタッフ(主に1名w)の獅子奮迅の活躍により
ビル丸ごと1棟という規模の移転のわりには
たった1週間で問題なく業務が出来ている事が凄いです。
(まりさん、本当にお疲れさま・・><!)

そして、お披露目パーティーも
ついに明後日25日に迫っておりますが

先に、今回の移転に伴い
沢山のお気持ちを頂戴した方々へ、
略儀ではございますが、こちらのBlogにて
御礼と、品物到着のご報告をさせてくださいませ。

全ての品物を、チームLiB一同で大切に使わせて頂きます。
本当にありがとうございました!!

≪以下、順不同でご紹介させていただきます≫
ーーーーーーーーーーーーーー

f:id:yosuke_lib:20170123140318j:plain

佐竹 美智子様
高村 恵子様
寺田 昌司様
加藤 千紘様
植田 繭子様
鈴木 見和様
菱沼 恒毅様
素敵な折り畳み自転車ありがとうございます!

f:id:yosuke_lib:20170123140326j:plain

トレンダーズ1期生のみんな
トレンダーズカラーの可愛い自転車ありがとう!
これで恵比寿までチャリで行けますw

f:id:yosuke_lib:20170123140300j:plain
f:id:yosuke_lib:20170123140310j:plain

細谷 さつき様
中川祥太様
井原 正博様
株式会社MALK DESIGN春日様
ネスプレッソのアイテムありがとうございます!
早速、社員一同がフル活用です^^

f:id:yosuke_lib:20170123152101j:plain

株式会社アールシーコア 成毛様
可愛い足付きトレー、ありがとうございます!
早速キッチンで活躍しています。

f:id:yosuke_lib:20170123140835j:plain

ITプロパートナーズ 木村様
豪華なお花、ありがとうございます!
すぐに届いたので新オフィスが華やかになりました。

f:id:yosuke_lib:20170123140353j:plain

クラウドワークス代表取締役社長CEO 吉田浩一郎様
小針 明子様
電子レンジありがとうございます!
これで、オフィスに篭城してもご飯こまりません。

f:id:yosuke_lib:20170123140349j:plain

副島 侑汰朗(そえじ)
お布団ありがとう。
君が宿に困ったら、これで寝て良いよw

f:id:yosuke_lib:20170123140243j:plain

ネットジンザイバンク 志水 雄一郎様
お洒落なアレンジメントフラワーありがとうございます!
今年はもっとよろしくお願いします!

f:id:yosuke_lib:20170123140253j:plain

小松先生
でっかい冷蔵庫ありがとうございます!
先生の野菜もこれに入れようと思います。

f:id:yosuke_lib:20170123140342j:plain

トレンダーズ株式会社 管理部一同様
(よっしー、三浦さんかな?)
ルームフレグランス大好き。
ありがとう!オフィスが良い香り^^


f:id:yosuke_lib:20170123140248j:plain

tinkpinkJAPAN様
可愛いアレンジメントフラワーありがとうございます!

f:id:yosuke_lib:20170123140339j:plain

テモナ株式会社CTO 中野賀通様
キッズルームのアイテムありがとうございます。
これで子供がきても安心です!

f:id:yosuke_lib:20170123140230j:plain

トレンダーズ吉澤さん
可愛いゴミ箱ありがとう!

(以下、植栽を頂戴した方々です)
ーーーーーーーーーーーーー



Fringe81株式会社 田中弦様、松島様、三宮彬様
ありがとうございます!
引き続き、事業もマーケもそれ以外のお付き合いも
よろしくお願いします!



株式会社enjin 代表取締役 本田幸大様
こうちゃん、ありがとー!
イケメンな植栽うれしす。



株式会社大塚商会 熊谷様
今回の移転でも尽力頂きありがとうございます!




株式会社インテリジェンス峯尾様
ありがとうございます。引き続きよろしくお願いします。



株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズ 取締役 近藤裕文様
フライングの胡蝶蘭から(笑)、
植栽までありがとうございます!

f:id:yosuke_lib:20170123140233j:plain
リノベる人事部一同様
いつもありがとうございます!
引き続き、深く深くよろしくお願いします。
スタッフ一同がんばります!


ニッセイ・キャピタル 有馬様、松尾様
ありがとうございます!御礼は成果でお返しします。


みずほ銀行、林様、櫻木様、末永様
いつもありがとうございます!


株式会社ワンスター千葉様
ありがとうございます!玄関に飾らせて頂いております!


株式会社Diverse 津元様、青木様
素敵な植栽ありがとうございます!


サイバーエージェント 宮﨑様、永芳様
そうちゃん、ありがとー!
LiBz HOUSE(リブズハウス)の入口に堂々かざってます。


株式会社シーエー・モバイル 石井洋之様
石井さん、いつもありがとうございます!
石井さんの名前が掲げてあるのは縁起がよいです!


トレンダーズ株式会社 代表取締役 岡本伊久男様
岡本さん、ありがとうございます!
トレンダーズの名前を大きく掲げられるのは
卒業生としての誇りです。


株式会社ダズル 山田様
素敵な植栽、ありがとうございます!
ダズルという社名が輝いていて素敵ですね。


森・濱田松本法律事務所 弁護士 井上愛朗様
井上先生、ありがとうございます。
引越のたびに、先生からの植栽が増えて嬉しいです。


ソリッドインテリジェンス株式会社 代表取締役社長 丸野敬様
ありがとうございます!
この前はお鮨屋さんでも失礼しました・・笑


リッチメディア坂本様
いつも応援してくださり、ありがとうございます!
弊社も貴社の背中に追い付けるよう頑張ります!


iSGSインベストメントワークス 佐藤真希子様
さとまきさん、可愛い植栽をありがとうございましたー!
五嶋さん、菅原さんもありがとうございます!


株式会社シンクスマイル 新子明希様
新子さん、ありがとうございます!
新オフィス、ぜひ遊びに来てください^^!


株式会社リムズ 磯辺様
素敵な植栽、ありがとうございます。
殺風景なテラスがこれで格好つきました。


株式会社コクヨ 黒田様、鹿野様
今回の引越について、総合ディレクションありがとうございました。
鹿野さんあっての、このオフィスです!


株式会社リンクアンドモチベーション
小笹様、麻野様、近藤様、芳川様
いつも、幅広い支援ありがとうございます。
LMIさんにとっての名作品になれるよう、頑張ります!



影山由美子さん
なんと個人で!!!!ありがとうございます。
御礼は・・・ご飯で!w


株式会社Smarprise 五十嵐健様
いがちゃん、ありがとーー!
これ見ると本当にいがちゃんも俺も独立したんだなーと。
戦友同士がんばろう!


株式会社ヒトカラメディア 高井様、野田様
今回は、運命的なオフィスをご紹介頂き
ありがとうございました!

f:id:yosuke_lib:20170123141721j:plain
東京メディカルクリニック 木島豪様
木島先生、ありがとうございます!
そしてプライベートでも助けて頂き感謝ばかりです。
ぜひ遊びに来てくださいね!

f:id:yosuke_lib:20170123141713j:plain
日本ベンチャーキャピタル株式会社 奥原様、桑園様
いつも温かく応援頂きありがとうございます。
オフィスに恥じないよう頑張ります!

f:id:yosuke_lib:20170123141717j:plain
株式会社キープレイヤーズ 高野秀敏様
高野さん、創業期からずっと応援くださり
ありがとうございます!
引き続き、末永く仲良くしてくださいませ。

ーーーーーーーーーーーー

以上、略儀ではございますが御礼とご報告まで。


かなりの数が毎日届いており、現場も若干混乱しておりますので
もし御礼やご報告に漏れがあった場合は、
大変申し訳ございません。。深くお詫び申し上げます。
(もし良ければ、お手数ですが一報頂けますと幸甚です)